コラム

【ワンコイン500円】醤油よりもコク旨すぎ!「半熟たまごの味噌味玉」

レシピ / 5月のレシピ

06【ワンコイン500円】醤油よりもコク旨すぎ!「半熟たまごの味噌味玉」

#ワンコイン #簡単メニュー #もう一品

 

おトクにおいしく!【ワンコイン(500円)レシピ】

みんな大好き「半熟の茹でたまご」。なかでも「味玉あじたま)」は、ラーメンや丼もののトッピングにあるとテンションが上がってしまいますよね。

料理の付け合わせというイメージの「味玉」ですが、一般的には醤油ベースの味付けが多いと思います。定番の醤油ベースではなく味噌ベースの漬け汁で作ると、コクと旨味がグっとアップして「もう一品」メニューに昇格するんです。

おいしく出来るのはもちろん、漬け汁をたくさん用意しなくても少量の調味料で作れる方法とともに、つるんとキレイにゆで卵を剥くコツもお伝えします!

調理時間

15分程度

材料

材料

たまご 4個

 

【漬け汁】
味噌 大さじ2
酒 大さじ1
みりん 大さじ1
きび糖 大さじ1

作り方

1半熟たまごを作る
半熟たまごを作る

たまごを鍋に入れ、ひたひたの水を入れて火にかけます。沸騰したら中火にして7分ほど茹でます。このとき、たまごを割らないように気をつけながらゆっくり、ぐるぐるとお湯をかき回すと、遠心力で黄身がたまごの中心にきます。

2漬け汁をつくる
漬け汁をつくる

材料の【漬け汁】の調味料を全て混ぜ合わせて漬け汁をつくります。

3たまごの殻をむいて漬け汁に漬ける
たまごの殻をむいて漬け汁に漬ける

たまごが茹で上がったら、お湯を捨てて鍋の中で軽くたまごを揺すって殻に傷をつけます。そして冷水で一気に冷やします。そうすることでたまごが縮む時に殻の隙間から水が入るので、つるんとキレイに殻が剥けます。

たまごの殻をむいて漬け汁に漬ける

剥けたたまごと漬け汁をジップ付きの保存袋などに入れたら、空気を抜くようにして袋を閉じます。

味噌を使うことで卵に漬け汁が絡むので味がなじみやすいこともありますが、タッパーではなく密閉できる袋を使って、しっかり空気を抜くのがポイント。

このまま冷蔵庫で味をなじませながら、時々袋を動かして汁につかっている面が変わるようにすると、少ない漬け汁でも味が染みます。一晩漬け込めば完成。

【ワンコイン500円】醤油よりもコク旨すぎ!「半熟たまごの味噌味玉」

見た目は普通の味玉とあまり変わりませんが、味はコクがあって、おつまみにもぴったり。
お弁当のおかずにする場合は茹で時間を10分ほどにして固茹でにしてくださいね。

この味噌味玉でたまごサラダをつくっても美味しいし、アレンジ次第で献立のバリエーションが増えるのでぜひ試してみてください。

レシピ・撮影|小泉優奈

幼少期おデブだった頃に料理に⽬覚め 15kg 痩せた経験があり、実体験漫画も描いています。
今は季節の保存⾷や郷⼟料理、伝統野菜、狩猟などに興味があり料理家、ライターとしても活動。
  • facebook
  • Twitter
このページの先頭へ戻る